ツクイホールディングス(横浜市)は8日、運営する介護付有料老人ホーム「ツクイ・サンシャイン横浜野毛」にて、DXアバターロボット「ugo Pro」を試験導入。同社の特例子会社Grasol(同)の障害者スタッフがロボットを遠隔操作する実証実験を開始した。

 

 

これまでツクイグループでは、介護職の仕事を細分化し、無資格でもできる仕事をケアサポーターが担当する「ケアサポーター制度」を導入してきた。

 

今回、同社設立のファンドが出資しているugo(東京都千代田区)のロボットを活用し、障害者スタッフが自宅にいながら接客対応を担当し働ける仕組みを構築する。

 

ロボットは自動走行も可能。カメラによる見守りや声掛けとともに、食事・入浴の誘導や様子の確認などの業務を担う。同社全体の障害者雇用率の向上にもつなげていく考えだ。

 

 

ツクイホールディングス 高畠毅社長

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう