ライク(東京都渋谷区)のグループ子会社のライクケア(同)は7月1日、24ヵ所目の事業所となる介護付有料老人ホーム「サンライズ・ヴィラ板橋向原」(同板橋区)を開設した。

 

広い機能訓練室を設け、リハビリに注力している点が特徴。PTが常駐し、集団だけでなく一部個別でのリハビリプログラムを提供する。マシンはEMS(電気筋肉刺激)機器を採用。

 

「一般的なリハビリマシンは、主に元気な身体状況の入居者しか利用できない。寝たきりの状態の入居者も筋肉を動かせ、各居室でも使用できるEMSを導入した」と林宏樹施設長。

 

林宏樹施設長

 

 

また、5種類の浴室を完備する。大浴室、個浴室、個浴室(リフトあり)、機械浴室(チェアイン)、機械浴室(ストレッチャー)を用意。

 

機械浴室(チェアイン)
計5種類の浴室完備

 

 

「広い浴槽に入りたい人や、ストレッチャー浴まではいかないが一般浴では不安な人など、入居者のニーズに応じた入浴方法で提供可能」(林施設長)

 

施設定員は64名で、前払金850 万の場合、月額約23万円。同社は今後も1年に1~3棟ペースで新設予定だ。

 

施設外観

 

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう