10月7日から公開された映画「ソングバード」。

2020年は世界的なパンデミックのなか、映像産業は撮影の中断を余儀なくされ、著しくダメージを受けた業界の一つである。同年7月、新たなガイドラインのもと、iPhone、GoPro、監視用カメラを用いて撮影された、いわば逆境から生まれた作品だ。

 

しかし、この2年間、ウイルス感染拡大の脅威に怯え、社会が混乱していく緊迫感で辟易するばかりの日常を過ごしてきた我々に、今さら、パンデミック・スリラーと称する本作から、どのようなメッセージが届くのか?〝ハリウッドの破壊王〞の異名を持つマイケル・ベイのプロデュースならば、彼がイメージしたアバターは?などなど、テーマのファーカス先に興味が湧いた。

 

 

物語の舞台は24年のアメリカ・ロサンゼルス。新型コロナウイルスが「COVID-23」へと変異し、ロックダウンが続く厳格な管理社会化へ。免疫保有者と非保有者とが分断され、義務付けられた日々の検温で、発熱を感知すると自動で通報されるシステム。感染者は、「Qゾーン」と呼ばれる隔離キャンプへ強制収容を余儀なくされ、街はもはやディストピア。

 

そんな片隅で、ドア越しやスマートフォンで愛を通わせる主人公の青年ニコ(KJ・アパ)と恋人のサラ(ソフィア・カーソン)を軸に物語は展開する。ニコは免疫保有者のため、自由に動き回ることを許され、配達員として自宅待機する住民に物を届けている。宅配の荷物は必ず紫外線消毒される厳格なルール下で出逢ったニコとサラは、同じ空気を吸ったことがなく、お互いの温もりや耳元で囁く声もまだ知らない。それでも、育む愛が希望の光であり救いであった。

 

ところがある日、サラと暮らす祖母に感染症の症状が現れ、サラは濃厚接触者として感染を疑われ、「Qゾーン」へ収容されそうになる。ニコはサラを救うべく、荒廃したロサンゼルスの街を駆け抜け奔走する。それは、感染拡大の裏でうごめく、隠された闇と接触し、ブレスレットを入手することだった。

 

 

「ソングバード」
© 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
10/7(金)TOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開
提供:WOWOW 配給:ポニーキャニオン
★製作:マイケル・ベイ 監督・脚本:アダム・メイソン 共同脚本:サイモン・ボーイス
★出演:KJ・アパ、ソフィア・カーソン、クレイグ・ロビンソン、ブラッドリー・ウィットフォード、ピーター・ストーメア、アレクサンドラ・ダダリオ、ポール・ウォルター・ハウザー、デミ・ムーア
2020年アメリカ 原題:SONGBIRD 公式HP:songbird-movie.jp

 

 

 

〝強き者は弱き者を守る〞究極的なメッセージ

 

本作は11年の映画『コンテイジョン』を引き合いに出されがちであるが、ウイルスの脅威そのものよりも、感染対策を講じたことにより起こりうる、光と闇の部分にフォーカスしているといえる。

 

愛をメインテーマとして描きつつ、ロックダウン下で脆く退化していく街の様子、厳格なルールに基づく様々なディテールに恐れを覚える。社会的には、特権で守られる富裕層の一方で、そうでない者は辛い生活を送る格差という視点と同時に、ウイルスから守られても、すでに破綻している夫婦間の不和、裏切りといった人間の感情、腐敗行為や不正の横行、理不尽、非道が炙り出されていく。

 

そして、注目したのは孤独と不安を抱える人々が、接点を求め役割を成し遂げようとする苦境の中にみる光。どんなに不遇な状況でも、〝誠実さ〞〝勇敢〞〝思いやり〞〝強き者は弱き者を守る〞といった人間に失ってほしくない究極的なメッセージを感じた。

小川陽子氏
日本医学ジャーナリスト協会 前副会長。国際医療福祉大学大学院医療福祉経営専攻医療福祉ジャーナリズム修士課程修了。同大学院水巻研究室にて医療ツーリズムの国内・外の動向を調査・取材にあたる。2002年、東京から熱海市へ移住。FM熱海湯河原「熱海市長本音トーク」番組などのパーソナリティ、番組審議員、熱海市長直轄観光戦略室委員、熱海市総合政策推進室アドバイザーを務め、熱海メディカルリゾート構想の提案。その後、湖山医療福祉グループ企画広報顧問、医療ジャーナリスト、医療映画エセイストとして活動。2019年より読売新聞の医療・介護・健康情報サイト「yomiDr.」で映画コラムの連載がスタート。主な著書・編著:『病院のブランド力』「医療新生」など。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう