エフビー介護サービス(長野県佐久市)は11月2日、シルバーアシスト(東京都多摩市)の全株式を株式譲渡契約により取得し、子会社化することを決定した。同社の首都圏を含む関東エリアでの事業拡大の足掛かりとする。

 

取得価格は非公表。シルバーアシストは多摩市内で訪問看護、訪問介護、通所介護などの在宅サービスを中心に9事業所を運営する。2020年9月期の営業利益はマイナス、21年9月期は売上高が約3億826万円に対し営業利益は約228万円となるなど、収益性が安定しない状態が続いていたとみられる。エフビー介護サービスのノウハウを生かし、シルバーアシストの介護サービスの充実と収益性の向上を目指す。

 

同社は関東エリアに拠点を持つことにより、ビジネスの機会を広げる考え。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう