綜合警備保障(以下・ALSOK/東京都港区)は、介助技能向上のための社内制度「ALSOK介助」を設け、警備隊員への教育を行っている。既に現場に駆けつける機械警備隊員の教育を修了しており、来年3月には全ての常駐警備隊員の教育を終える予定だ。

 ALSOK介助は「加齢による身体機能低下」「認知症」「感染症」などの知識と「高齢者への声掛け」「容態の観察」「介助方法の基本実技」などの技能を、筆記と実技で学ぶもの。同社は2013年に高齢者向け緊急通報システム「HOME ALSOKみまもりサポート」を開始、翌14年に介護サービスに参入したことにより、高齢者介助技術などのノウハウを得た。「ALSOK介助」はそのノウハウと警備業の融合によるサービス提供を目指して設けられた。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう