新型コロナウイルス感染拡大の終息が見えない状況下で、高齢者施設では緊張感が途切れることなく、感染症対策のためスタッフが奮闘している。感染症対策のための経費の増加により経営が圧迫されている事業者が少なくないなか、エコムーバー(東京都新宿区)が提供する除菌水生成装置のレンタルサービスが介護現場の一助となっているようだ。生成装置を導入し、自社で除菌水を作ることで、コスト削減・負担軽減を実現できるという。大川貴久社長がwithコロナ時代の感染症対策について解説する。

 

エコムーバー 大川貴久社長

 

 

――withコロナ時代における感染症対策とは。

大川 新型コロナウイルスによって、人々の衛生管理への意識は確実に高まり、介護施設をはじめ、商業施設ではマスクの着用や手指消毒を義務付けられるなど、企業の感染症対策も一層強化されている。感染症対策が私たちの日常となったwithコロナ時代においては、安全かつ効果的で継続可能な対策が求められるだろう。

 

 

――具体的に安全・効果的・継続可能な対策とは。

大川 感染症対策に継続的に取り組むためには、人体に影響なく安心して使用できウイルスに効果的で経済的であることが重要である。感染症対策として欠かせない除菌を例にあげれば、アルコールや次亜塩素酸ナトリウムが除菌剤の主流だが、最近は除菌水【弱酸性次亜塩素酸水溶液(以下・次亜塩素酸水)】のニーズが高まっている。

 

 

――なぜ次亜塩素酸水か。

大川 アルコールはノロウイルスへの効果が低かったり、次亜塩素酸ナトリウムは漂白や希釈濃度が不安定、手間がかかったりするなどのデメリットがある一方、次亜塩素酸水は装置を導入することを条件に食品添加物として利用できるため、野菜の殺菌洗浄や食器類の除菌もできる。また、新型コロナへの有効性も確認されているからだ。生成装置を導入し、自社で次亜塩素酸水を生成することで、より低価格で使用できるため、結果的にコスト削減・負担軽減の効果が期待できる。

 

 

――生成装置導入のメリットは。

大川 例えば、次亜塩素酸ナトリウムを使用する場合、希釈の手間がかかるだけでなく、濃度が低くならないようにと、規定量を超えた分量で希釈しているケースが多い。そのため、結果的に1ℓあたりのコストが高くなっていることがよくある。生成装置を導入すれば、このような希釈の手間が省けるほか、濃度も正確に調整されるため、コスト面でも最適化できる。

 

 

――しかし、生成装置を導入するには高額な投資が必要ではないか。

大川 確かに、生成装置の価格相場は250万円前後と高額ではあるが、当社はwithコロナに対応できるよう、月額2万5000円でレンタルにも対応している。レンタルの最大のメリットは、パッケージ購入よりも低価格かつ自社ですぐに生成できるため、コストや在庫を気にせず、たっぷり使用できることだ。例えば、1日20ℓの除菌水を使用してもランニングコストはたったの80円ほど。20ℓあれば、日々の除菌はもちろん、床やトイレ掃除の時に、モップや雑巾を次亜塩素酸水でじゃぶじゃぶと洗っても、十分足りる量である。パッケージ購入の場合、価格相場は20ℓで7000円~8000円ほどなので、その差は歴然だ。

 

「ジアムーバープロVer.IoT」の詳細はこちら↓
https://www.ecomover.jp/administer/jiamover/jiamover_pro/

 

――生成装置を選ぶ際の注意点は。

大川 チェックポイントは①必要としている用途の塩素濃度に対応しているか、②酸性・アルカリ性の強さ・弱さ(pH)を調整する機能があるか、の2点だ。40~50万円程度の生成装置もあるが、そのほとんどは飲食店向けであり、塩素濃度が50ppm以下のものだ。嘔吐物や感染症発生時の除菌清掃シーンが多い介護現場では200ppmまで対応できるようにするのが理想である。
また、次亜塩素酸水は、肌に優しく安心・安全に使用できることが強みでもあるが、生成装置の中には、pH値の調整機能を持たないものもあるため、要注意だ。原水のアルカリ度が高い地域ではpH値が調整できなければ、弱酸性域にならず、次亜塩素酸水本来の効力を発揮しないことになる。

 

 

――エコムーバーが開発した生成装置の機能はどうか。

大川 当社の製品「ジアムーバープロVer.IoT」は、次亜塩素酸水はもちろん、次亜塩素酸ナトリウムも取水できる生成装置だ。次亜塩素酸水は200ppm、ナトリウムは1000ppmを取水できる。
また、当社の装置は運転ボタンを用途別に設定できるため、誰でも簡単に生成できる。

「モップ用」「トイレ用」「噴霧用」といったように、用途別に設定したボタンを押すと、その用途に適した濃度の次亜塩素酸水を自動的に生成する。さらに生成履歴や使用状況を記録できるほか、Wi-Fi環境があれば、その記録をメールで配信する。そのため、各施設が適正な濃度で感染症対策をしているかを、法人本部が確認することもできる。ウイルスの感染ルートを最大限遮断するためには、必要最低限の除菌だけでは確実な効果は得られない。withコロナ時代においては、日常的に広い範囲で安心・安全を維持できる衛生管理体制が求められており、「ジアムーバープロVer.IoT」はその実現をサポートするものである。

 

 

――コロナ禍で導入が進んでいるが、その反響はどうか。
大川 ある就労継続支援A型事業所では、利用者の1人が新型コロナウイルスに感染し、自宅や普段通っている他の障害者支援施設ではクラスターが発生してしまったそうだが、同事業所ではスタッフや他の利用者が濃厚接触者となったものの、陽性者はでなかったそうだ。ジアムーバープロVer.IoTを導入後は、1時間おきに作業机や衣類、空間にも噴射をして除菌を徹底していた。ジアムーバープロVer.IoTは高齢者施設などの福祉施設や商業施設など様々な業種で導入されているが、これらの事業者では、感染症の発生数が確実に減少しているという声が一番多い。

 

 

生成装置ジアムーバープロVer.IoT

 

 

ユーザーの声

 

様々な用途シーンに対応

 

■ネクサスケア 山木正幸社長

当社は新型コロナ以前より、感染症対策に積極的に取り組んでおり、5年前にエコムーバーの「ジアムーバープロ」を16施設全てに導入しました。いくつかのメーカーと比較した結果、ジアムーバープロだけがレンタル対応していて、高額の導入費がかからないため、コスト面でクリアできました。

導入の決め手は、生成装置があれば、塩素濃度を変えるだけで様々な用途シーンに対応できることです。以前はキッチンやトイレ、浴室、居室などそれぞれの用途に応じて、洗剤や除菌剤などの消耗品を購入していましたが、生成装置を導入することで、いつでも手軽に低価格で新鮮な除菌水を自分たちで作れるため、結果的にコストダウンできます。
介護報酬改定に伴い、介護事業者はサービスの質を落とさずにコスト削減に取り組まなければなりませんが、それを実現できるか否かはこういった製品やサービスを知り、いかに活用できるかが、鍵となるでしょう。

 

 

 

インフルエンザ感染予防に効果実感

 

■ライフフォース(大阪府東大阪市) 柳川忠賜社長

サービス付き高齢者向け住宅などの高齢者施設7棟を運営しています。以前は毎年インフルエンザが2名ほどでていましたが、約4年前にジアムーバーを導入してからは、インフルエンザ感染者はほぼ発生していません。介護事業者の場合、入院患者が発生してしまうと、家賃収入の減少にもなりかねません。どんなに対策しても感染者をゼロにすることは不可能だと思っていましたが、ジアムーバーは確実に効果を発揮していると実感しています。

かつてはアルコール消毒がメインで、1施設あたり月間15~16万円ほどの経費がかかっていました。生成装置を月2万5000円でレンタルすることで、大幅にコスト削減ができました。地域で多店舗展開している介護事業者の場合、生成した除菌水を他施設に運ぶことができれば、生成装置は1台でも対応できます。しかし当社は運ぶ手間と事故のリスクを考慮して、全施設に導入しました。全施設導入しても、従来の1施設あたりの経費でまかなえますので、非常に良心的です。

高齢者施設での安全を確保するためには、感染症対策など日々の準備が大切です。コスト削減ができるからといって、安全性が担保できなければ意味がありませんが、ジアムーバーはその両方を実現してくれます。

 

 

 

誰でも簡単に操作 濃度調整も可能

 

■社会福祉法人緑愛会(東京都あきる野市) 特別養護老人ホームあたご苑 増田俊一施設長 

当施設ではインフルエンザ感染防止のため、2年前よりジアムーバーを導入しました。生成装置1台と移動可能な壁掛け加湿器12台を導入しています。加湿器は各階のフロアに設置しており、次亜塩素酸水を噴霧しています。以前は家庭用の加湿器を入れていましたが、適度な湿度を保つことができませんでした。ジアムーバーは設定した湿度までしっかり加湿してくれます。
用途にあわせて、生成装置にて濃度を調整できるので、スタッフは誰でも簡単に用途に応じた濃度の次亜塩素酸水を作ることが可能です。フロアやトイレ、テーブルや床などの掃除はアルコールとの併用で次亜塩素酸水を使っています。

また、職員には施設以外でも感染症予防に徹してもらえるよう、ペットボトルなどの容器に次亜塩素酸水を入れて、自宅などで使用してもらっております。生成装置と加湿器の導入により、空気感染の予防ができるようになったほか、施設の悲願でありました、匂いや汚れ、職員の業務負担といった当施設が抱えていた課題を解消することができました。

壁掛けタイプ

 

 

お問い合わせ
東京都新宿区北新宿3-9-10ルナクレストI 1階
tel : 03-6425-7231
mail : info-em@ecomover.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう