ダンロップ、介護参入 キッツよりデイ承継

2014年8月26日

 

バルブ大手のキッツ(千葉市)は、フィットネスクラブ運営・介護保険サービス事業などを手掛ける100%子会社キッツウェルネス()の全株式をスポーツ用品製造・販売などを手掛けるダンロップスポーツ(神戸市)へと譲渡することを発表した。譲渡価格は42億円。譲渡は101日を予定している。

 

キッツウェルネスは1990年設立。首都圏を中心に14ヵ所のスポーツクラブを運営する他、「ウェルネスパーク」のブランドで、リハビリ特化型デイサービスを神奈川県内で2ヵ所運営している。なお、株式譲渡に伴う新社名、新ブランド名等は未定。

 

今回の株式譲渡についてキッツでは「当社グループの中心であるバルブ事業への更なる特化と経営資源の再分配が目的」とコメントしている。

 

この記事はいかがでしたか?
  • 大変参考になった
  • 参考になった
  • 普通
全ての記事が読める有料会員申込はこちら1ヵ月につき5件まで閲覧可能な無料会員申込はこちら

関連記事



<スポンサー広告>