2024年1月3・10日号 28面 掲載

後見制度と不動産知識を学ぶ 2月6日から講習会開催

2024年1月6日

一般社団法人全国住宅産業協会(東京都千代田区)は令和5年度「不動産後見アドバイザー」資格講習会の受講者を募集している。同資格は後見制度と住宅・不動産などに関する知識向上・人材育成が目的。講習会では「法定後見制度の基礎」「任意後見制度の基礎」「相続と遺言」「要配慮者との不動産取引に関する実務」などの講義を行う。また、資格取得後は定期的に開催されるフォローアップ研修(受講無料)を受講できる。

 

対面・ライブ配信・録画配信で受講可能。対面・ライブ配信の日時は2月6日~7日9時50分~17時30分。対面受講の会場は東京大学本郷キャンパス構内を予定。録画配信は2月14日~3月8日。理解度確認テストは3月6日~8日。受講料は2万円(税込)。詳細は協会HP参照のこと。

 

この記事はいかがでしたか?
  • 大変参考になった
  • 参考になった
  • 普通
全ての記事が読める有料会員申込はこちら1ヵ月につき5件まで閲覧可能な無料会員申込はこちら

関連記事



<スポンサー広告>